まさの中道右派blog-MITTOMONAIを世界に
日本がこれから世界各国と対等に渡り歩くためにはどうすればよいかを日々愚考しながら実践・・できればいいなぁと考えてつくってみました。とりあえず、みんなの考えるきっかけになればと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
鳥取はすでに特定アジアの支配下だった!
鳥取県と韓国をつなぐちょっといい話

亀井茲矩(かめいこれのり 1557-1612)。
 豊臣秀吉の鳥取攻めに参加して武功をあげ、因幡国(いなばのくに・鳥取県東部)の鹿野城主に任ぜられた戦国時代の武将です。

(中略)

 艦船21艘を率いて唐浦(タンポ)沖に投錨していた茲矩も、李舜臣率いる水軍の奇襲にあい、全艦船を失って陸に逃げ、この時、秀吉からもらった「金軍扇」を失って、朝鮮軍に拾われてしまったのです。

(中略)

 さて、鳥取県文化振興課では、この春ソウル~米子便が就航し、韓国がさらに身近になったのを機に、“鳥取県と韓国をつなぐちょっといい話”を募集しています。この亀井茲矩と李舜臣の話は、その一例として紹介してみました。




・・・これのどこがちょっといい話なんですかね?
戦国期の武将が朝鮮で敗れ去った話しでしょ?
韓国にとってはいい話なのかもしれないけど、日本の、しかも亀井氏が治めていた都市からみたら悪い話しなのではないでしょうか?

しかも日付をみたら2001年ってことは、最近の人権擁護法案の制定、人権委員に特定アジアの委員をいれてるってことまで一本の糸でつながったかも。

もう鳥取県は島根に吸収合併でいいよ。
んで、いまの県知事以下県職員に至るまでさっさと特定アジアに移住してくれ。
スポンサーサイト
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gunmas.blog40.fc2.com/tb.php/38-7f1fbe15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。