まさの中道右派blog-MITTOMONAIを世界に
日本がこれから世界各国と対等に渡り歩くためにはどうすればよいかを日々愚考しながら実践・・できればいいなぁと考えてつくってみました。とりあえず、みんなの考えるきっかけになればと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
匿名発表 見識を疑います毎日さん
社説:匿名発表 見識を疑います、猪口さん

前のエントリーでも書いたんですが、マスコミ各社の被害者匿名化に対する批判がすごいです。
今日の毎日新聞では猪口さんにケチをつけつつ批判してます。
しかし、その中身は相変わらずお粗末です。

>民主主義を守る政治学者だと思っていたのに、猪口邦子内閣府特命担当相は変節したのだろうか。

いきなりレッテル貼ってます。猪口さんのことを民主主義を守らない人だと誹謗・中傷しています。


>政府案では事件、事故の発生さえも不確かになり、メディアの公権力監視機能は著しく損なわれる。ひいては民主主義の自殺行為となる。政府は計画案を年内にも閣議決定する方針だが、問題の項目を削除しなければ認めるわけにいかない。

事故の発生は見にいきゃわかるでしょ。匿名でも問題なし。
事件については、加害者は実名発表されるでしょ。匿名でも問題なし。
以上、論破終了。

大体、事件、事故の発生が不確かになるってどういうことさ?
事件は警察発表で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!w
場所は発表されるんだろ?だったら見に行けよ、得意の野次馬根性でさ。


>事件、事故を取材する記者らは警察がつかんだ住所、氏名などの基礎的な事実を元に、加害者、被害者双方から情報を集めて報道している。再発防止を目指してのことで、捜査が適正かどうかをチェックするためでもある。

再発防止を目指して?マスコミがおもしろおかしく報道するからその後すぐに模倣犯がたくさん出てくるのはスルーですか、そうですか。


>従来のメディアのあり方に行き過ぎがあった面は否めず、メディアに反省すべき点は少なくないが、だからといってメディアが担ってきた実名か匿名かの判断を警察に委ねるのは危険極まる考え方だ。

どこがどう危険なのか、きっちり説明してみなさいよ。
権力のチェックができないなんていう陳腐な理由だったら、すでに被害者とその周辺は納得しないぞ。
大体、取材加熱にいきすぎがあったのを認めてるなら、ちゃんとした対策とればいいじゃん。それをしないで権利権利と騒ぐから規制されるんでしょうに。


>猪口氏は「被害者が希望すれば実名で発表する」というが、これも現実離れしている。匿名が原則になれば、実名を希望すること自体にエネルギーを要し、いきおい希望する人は減る。

(°Д°)ハァ?
現状では匿名を希望することに莫大なエネルギーを費やして、しかも守られてないんですけど?
なに自分たちに都合のいいように話ししてんだか。
しかも、広く知ってもらいたいからって発表する人はいまでも結構いたはずですが?

>しかも被害者や家族は通常、警察の監視、保護下に置かれるから、冷静に判断できるかどうか疑わしく、記者らが真意を確認するのも難しい。警察は、不都合なケースほどメディアの取材をわずらわしがるものだ。過去に事件の隠ぺいやねつ造があったことも、公知の事実ではないか。万一弾圧的な捜査が行われても、匿名にされてはメディアが人権侵害を暴くことも困難になる。

もし、警察が無理矢理匿名にさせたとして、後でマスコミや裁判に訴えられたら負けるのわかってるから、現実的には圧力は難しいんでない?
大体、被害者は悲しみに沈むほどメディアの取材をわずらわしがるものですが、それについてはご意見ありませんか?
事件・事故についてはメディアが一番人権侵害しているのがすでに暴かれてますよ。


>民主主義を守るため、警察権力には人権にかかわる裁量を認めないことが賢明だ。

ずいぶん自分に都合のいい民主主義ですね。マスコミの意見に反対するものはみんなファッショですか?


>裁量があるから不正が生じ、外部からの圧力が入り込む余地も生まれる。政治家らに交通違反のもみ消しなどで無理を強いられてきた経緯もあり、良識ある警察官は警察による実名、匿名の判断にためらいを感じていることも事実だ。警察に判断を委ねてだれが一番得をするか、も考えてみなければなるまい。

マスコミに裁量権があったから通名報道という不正が生じてますね。もちろん特定アジアからの圧力であることは自明ですが。良識ある国民はマスコミによる実名、匿名の判断にためらいを感じていることも事実ですよ。
マスコミに判断を委ねてだれが一番得をするかはすでにわかっています。特定アジアと自称市民団体のみなさんです。


>多くの事件、事故は、裁判段階では被害者の実名も明かされる。捜査段階で伏せれば、インターネットなどで実名の暴露を目的とした怪情報が飛び交って、かえって当事者を困惑させかねない。

また、インターネットが悪者ですか。はいはい、ワロスワロス。
で、この場合の当事者の困惑ってなんだろう?近所の人は当然わかってるし、そんなに困ることないとおもうんだけどなぁ・・・


>真の被害者救済は、痛みと苦しみを共に生きる人々で分け合うことから始まる。

そうだね。親兄弟とかでわけあって軽減しないとね。


>まず、報道を通じて、皆で事実を把握しなければならない。

って、国民全体かいっ!
いくらなんでも国民全体でわけることなんてめったにないぞ。
おいらの住んでるところからどっか遠いところで殺人事件が起きたとして、一面識もない人やその家族の痛みと苦しみなんてわけあえないぞ。
逆においらのまわりでそんなことが起きたとしても別に国民全体に分け合いたいなんて思いもしないし。


>取材や報道から生まれるプライバシーなどの問題は、メディアの良心と健全なメディアを支持する市民の良識で解決すべき課題だ。メディアが監視対象とする警察に判断させるのは、主客転倒もはなはだしい。そうではありませんか? 猪口さん。

それこそ主客転倒もはなはだしい。
メディアがまったくできないから規制するんであって、文句つけるんならきちんとした自己規制をしてからでしょ?
市民は今のメディアを支持してるんだろうけど、国民は今のメディアが健全だとは思ってませんし、良心があるとも思ってません。
やるべきことをやらずに権利だけ主張するのはみっともないですよ。
そうではありませんか? 毎日さん。

スポンサーサイト
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/11/11(火) 19:17:01 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gunmas.blog40.fc2.com/tb.php/15-5f50e354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
社説:匿名発表 見識を疑います、猪口さん(毎日新聞平成17年12月22日朝刊社説)デットリンクの場合はこちらから検索を。このような情けない社説を意気揚々と国民に垂れ流せるのかが理解に苦しむ。「事故を取材する記者らは警察がつかんだ住所、氏名な...
2005/12/25(日) 18:43:16 | Gunsi兵法書blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。