まさの中道右派blog-MITTOMONAIを世界に
日本がこれから世界各国と対等に渡り歩くためにはどうすればよいかを日々愚考しながら実践・・できればいいなぁと考えてつくってみました。とりあえず、みんなの考えるきっかけになればと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
簡単に丸投げとはわらかしてくれる



朝日新聞 声欄
1月25日付朝刊 名古屋版

戦慄を覚えた自衛隊の美化 (岐阜県各務原市 寺田誠知 高校教員 57歳)

 18日の本欄「お世話になる頼れる自衛隊」を読んで戦慄を覚えました。
一部の地域の「除雪」によって、恐ろしい戦争の道具である自衛隊がかくも簡単に美化されてよいものでしょうか。
 またアメリカの侵略に加担した自衛隊のイラク派遣も、かくに簡単に肯定されていいものでしょうか。軍隊を美化し、軍隊に頼った国民がどんなに悲惨な運命をたどらなければならないか、私たちは先の戦争で思い知ったはずです。
 私たち主権者である国民には永久不可侵の権利として自衛権があります。また外国からの侵略だろうと自然の災害だろうと、不断の努力で自らを守る責任があります。そうした権利や責任を安易に軍隊や政府に丸投げしていいものでしょうか。自らの安全は、最終的には自らの血と涙と汗を流して守るしかないのです。
 暴力団にミカジメ料を払って守ってもらおうと思う者はやがてその餌食にされます。同様に、軍隊に頼った国民は軍国主義の餌食にされます。憲法の精神に立ち返り考えてみましょう。



 とまぁ、電波度満載な声欄でも、ひさしぶりに頭に来ました投稿がありました。
 なにがなんでも戦争反対だって主張はさておき、雪国のおいらとしては許せない投稿です。
 この投稿者は今年の豪雪で難儀している人々を「安易に軍隊や政府に丸投げ」し、まるで「暴力団にミカジメ料を払って」るような人たちで、「自らの血と汗を流」して責任を果たす気がない人だと中傷・罵倒しています。

 おいら達が苦労してないと?毎日職場に行くために1時間以上早起きして庭の除雪をし、職場で駐車場の除雪をし、施設の除雪をし、一人暮らしの老人宅に無料奉仕で除雪しに行き、疲れて帰ってきて深夜まで自宅を除雪。
 行政による排雪がある時期には深夜2時頃に自宅の雪を排雪してもらうために起き出して作業しているんです。
 雪国に暮らしているコストだと思って黙々と毎年やってるんです。春になれば溶けて無くなるものに、うちの町の行政だけで年間1億以上の予算を使い、われわれも除雪道具を買ったり、運用したりでかなりのコストがかかってるんです。

 屋根の雪は素人が簡単に除雪出来るものではありませんし、ちょっとした油断で転落・死傷するんです。
 今年もすでに100人以上の方がなくなってるはずです。怪我で済んだ人はその何倍もいます。

 そこまでやっててもそれ以上に雪が降ったら個人の力では対処出来ません。 行政が豪雪対策本部を設置してくれてようやく自衛隊がきてくれるんです。そりゃぁ自衛隊に対して感謝の気持ちがおきますよ。重機と大量の人員であっという間に処理してくれるんですからね。

 自衛隊、いや国が憎くて反日運動するのは勝手ですが、老人の一人暮らしでは自衛隊がこなければ住居が押しつぶされて死ぬんですが、それを受け入れろというんですか?

 人の痛みを想像することもできないような人が教師だってことにこの国の未来を憂います。
 人の痛みを想像することもできないような人が反戦論者だってことに彼らの独善主義がみてとれます。
スポンサーサイト
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
天声人語で朝日のジャイアニズム炸裂!
天声珍語と言われて久しい朝日の天声人語ですが、HPからだとすなおにみにいけず、割と見逃してます。
mumurさんのとこで本日の天声人語がとても面白いときいたので、さっそく読んでみることにしました。

天声人語

 前原民主党代表が23日の国会で、自民党は堀江貴文ライブドア前社長を「衆院選の票寄せパンダ」に使ったとただした。小泉首相は、捜査と選挙の応援とは別の問題だと答えた。その夜、堀江前社長が逮捕された。翌日になると、首相は「不明だと言われれば、それまでですけどね」と述べた。

 ところが、この一言ではとどまらなかった。「あのメディアの持ち上げ方、何ですか。自分の持ち上げ方を棚にあげて、改革まで私の責任と批判している」



 最初にホリエモンを大きく取り上げて、年末年始の番組にも懸命に出演させてたのは朝日をはじめとするマスコミですよね。
 それを知らん顔してるかぎりは首相に言われてもしかたないんじゃない?


 昨日のこの欄では、「マスコミはどうですか。すごく持ち上げたじゃないですか」という公明党の幹部の発言について、こう書いた。「すんなりうなずくつもりはないが、取材相手との距離をどう取るか、メディアは常に問われている」



 常に問われているからどうするのかっていう回答は絶対に出さないくせにこういう事を書いたって事で自己満足に陥ってる。
 マスコミは条件反射にすぐれてて、知力のないものの集まりだってのがよくわかるコメントです。
 まるで親が子供に「勉強しなさい」っていった「今やろうと思ってたのに、言われたからやる気無くした」っていってるようなもんですね。
 


 目に余るような持ち上げ方をしたかどうかは、それぞれのメディアが自らの責任で省みることだ。教訓とすべきものもあるだろう。しかし「ホリエモン人気」を票集めの広告塔や「刺客」として利用したその党の総裁が、メディアの方に矛先を向けたのには少々驚いた。それこそが「棚にあげて」ではないだろうか。



 この駄文の白眉です。「目に余るような持ち上げ方をしたかどうかは、それぞれのメディアが自らの責任で省みることだ。」
 バカか?
 だったら聞くが、省みたか?
 視聴率取れるから昔の映像も全部ひっぱりだしてある意味まだ持ち上げてるじゃないか。
 おいら達から言わせればどっちもどっち。棚に上げてしらん振りしてるだけでしょ。
 犯罪者の名前を公表するもしないもメディアの責任、在日を通名で報道するのもメディアの責任ってか?
 おまえら完全に逃げ道無くなったときしか責任とってないじゃん。伊藤律と珊瑚と長野の事件くらいだろ?謝罪したの。あ、伊藤律の時は無かったことにしてしまったからちがうかw
 それにしても、おまえの責任は俺が徹底的に追及するが、俺の責任の取り方は俺が決めるってか・・・ジャイアンかよ、朝日は! 


 見過ごせないのは、自民党が一方的に「ホリエモン」を利用したのではないことだ。ライブドアの側も、自民党という巨大な後ろ盾を、「世界一」の会社に膨らませるために利用しようとしたはずだ。それはまるで、票と金を狙う共演に見えた。



 見過ごすも何もあたりまえのことでしょ。お互いがなんらかの利益を見いだせるから協力し合うんじゃないか。
 TVだってホリエモンとか乙部さんに出演依頼してるのは視聴率のためであって、ホリエモンは自社の宣伝になるから出演してるし。
 それはまるで視聴率と金を狙う共演にみえますよw
 あぁ、特定アジアと日本は違うね。特定アジアが一方的に日本を利用してるからね。


 首相には、問題を追及された時に、ちゃんと説明せず口をつぐんでしまう傾向があるようだ。今回も責任の転嫁で終わってしまうのだろうか。



 朝日は問題を追求された時に、ちゃんと説明せず口をつぐんでしまう傾向があるようだ。今回も責任の転嫁で終わってしまうのだろうか。
つNHK捏造報道
つ記者の乱闘事件
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。