まさの中道右派blog-MITTOMONAIを世界に
日本がこれから世界各国と対等に渡り歩くためにはどうすればよいかを日々愚考しながら実践・・できればいいなぁと考えてつくってみました。とりあえず、みんなの考えるきっかけになればと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
正月4大紙の社説
新年明けましておめでとうございます。

今年一年を占う各社の社説を読み比べてみたいと思います。

【主張】新たに始まる未知の世界 アジア戦略の根幹は日米同盟-産経

要旨
・「変えるべきものと、変えることのできぬものを、識別する知恵」が必要である。
・日本が「モノを言う」外交を行ったのは評価できるが、それはただの始まりである
・日米関係は重要である
・驕(おご)らず、高ぶらず、確かな実績を重ねる日本でありたい。


「人口減少時代へ国家的対応を 市場原理主義への歯止めも必要だ(前半)」
 「人口減少時代へ国家的対応を 市場原理主義への歯止めも必要だ(後半)」

要旨
・人口減少が始まった
・国の財政はピラミッド型の人工モデルで計算してるので財政の破綻が懸念される
・ハゲタカファンドは経済の効率化、生産性の向上にはなんの貢献もしない
。経済にも倫理が必要だ
・東アジア共同体は共通の価値観がないから幻想に過ぎない。
・超党派で国家戦略の構築が望まれる。


ポストXの06年 壮大な破壊後の展望が大事

要旨
・小泉首相がいなければ構造改革はできない。継続して首相でいるべきだ。
・壊すだけ壊してやめるのはずるい
・首相の周りにいて威張ってるように見えるのは虎の威を借る狐だ















武士道をどう生かす 2006謹賀新年

要旨
・首相のせいで競争社会になった
・中国様に文句をつけるバカが多くて困る
数学者の藤原正彦氏に言わせれば日中戦争は「武士道精神に照らし合わせれば、これはもっとも恥ずかしい、卑怯(ひきょう)なこと」だ
・靖国参拝反対
・「60年たっても反省できない日本」が(朝日の本社内に支社のあるNEWSWEEKにより)欧米でも語られがちだ
・次の首相は媚中派にしろ


今年も朝日は正常運転w
朝日の反対の道を行けば国政あやまることなし。
スポンサーサイト
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。