まさの中道右派blog-MITTOMONAIを世界に
日本がこれから世界各国と対等に渡り歩くためにはどうすればよいかを日々愚考しながら実践・・できればいいなぁと考えてつくってみました。とりあえず、みんなの考えるきっかけになればと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
若宮啓文の駄文を嗤う
朝日新聞-若宮啓文「風考計」

渡辺恒雄氏 ブレーキ踏んだ保守のドン

 いささか手前みそで恐縮だが、正月に発売された月刊『論座』2月号は、飛ぶように売れた。読売新聞主筆の渡辺恒雄氏が私との対談で痛烈な「靖国批判」を展開。「朝日との共闘」として大いに話題になったからだ。

 渡辺氏の弁は例えばこんな風だ。

 「靖国神社の本殿の脇にある、あの遊就館がおかしい。(略)軍国主義をあおり、礼賛する展示品を並べた博物館を、靖国神社が経営しているわけだ。そんなところに首相が参拝するのはおかしい」

 「小泉さんは政治をやっているんであって、イデオロギーで商売をしているんじゃあない。国際関係を取り仕切っているのだから、靖国問題で中国や韓国を敵にするのは、もういい加減にしてくれと言いたい」

 読売新聞は昨年6月の社説で、首相の靖国参拝に反対の姿勢を打ち出していたが、それとは比べものにならない歯切れのよさだ。対談は「どっちが朝日新聞かわかりません」と私が冗談を言うほどの展開で盛り上がった。

 憲法改正の旗を振り、イラク戦争を支持するなど、読売新聞が朝日新聞と対極的な路線をとってきたことは言うまでもない。今年80歳を迎えようという渡辺氏は、いまも読売グループの会長であり、保守政界にも大きな影響力をもっている。それが靖国問題で朝日新聞と手を握るとは……。

 だからこそ、反響が大きかったのだろう。対談は様々な国内メディアに取り上げられたほか、中国や韓国でも「日本の二大新聞が……」「保守新聞・読売の渡辺会長も……」などと大きく報じられた。

 コロンビア大のジェラルド・カーチス教授や、MITのリチャード・サミュエルズ教授といった米国有数の知日派が驚いてメールをくれた。

 「渡辺氏は保守でも過去の軍国主義に強い反感をもつ世代の典型ですね。心配なのは、保守的な若い世代にそんな生理的反発がないことでは」

 「戦争責任の検証に朝日と読売が協力することで、アジアとの深い和解が可能になりますように」

 といったコメントつきである。日本の歴史認識を疑わせてしまい、アジア外交を行き詰まらせてしまった首相の参拝を、日本のために心配する欧米人は少なくないのだ。

 実は、読売新聞の社説もかつてA級戦犯の合祀(ごうし)を「まったく残念な出来事」(79年4月)と強く批判。86年8月には「傷跡をうずかせる『戦犯』合祀」という社説で「わが国のため、甚大な被害をこうむった中国などの心情も考える必要がある」「いまわしい戦争のことを、忘れようとしても、忘れられない人たちの感情に配慮するのは当然である」と書いていた。

 ところが、その後の読売の保守化の中で、最近は「首相はもう参拝を中止できない」(01年8月)「他国からとやかく言われる筋合いはない」(04年1月)などと、中韓両国からの圧力批判にすっかり重点を移していた。それが今回、あくまで日本自身の問題だとしながらも「靖国問題で中国や韓国を敵に回すのは、いい加減にしてくれ」と渡辺氏が言い放ったのだ。

 もちろん、この間の読売の保守化路線そのものが、全体として渡辺氏の主導だったことは疑いない。自ら語るように、自民党政権への与党的意識もあってのことだろう。最近では小泉政権と呼吸を合わせるように、イラク戦争も強く支持してきた。

 だとすれば、渡辺氏が踏んだ今度のブレーキは、自らも関与した言論状況の右傾化が行き過ぎて、危険水域に入ったと見てのことではないか。

 東大総長だった故・林健太郎氏がよい例だが、かつては「反共」のタカ派でも、満州事変以後の日本の行為を不当な「侵略」だったと認めるのが知識人の常識であり、節度であった。産経新聞にせよ月刊『正論』や『諸君!』にせよ、そうした点は踏まえていたはずなのに、いまは「侵略」だったとすら認めぬ言説で覆われがちである。

 朝日の読者はよく知るまいが、読売新聞はいま日本の戦争責任者を自ら洗い出す検証シリーズを紙面展開している。さて、どういう結論を出すのかこちらも注目しているところだが、いずれにせよ「保守」を自認する読売が極端な右派と一線を画そうというのだから、これは大きな意味がある。

 さて、首相の靖国参拝をめぐる世論が割れる中、少なくとも新聞は、いまやほとんどがこれに反対している

 もとより世論も言論も多数派が正しいとは限らず、少数意見も大事なことは言うまでもない。かつて日露戦争に幕を引くポーツマス条約が結ばれたとき、その内容が屈辱的だと怒る世論が沸騰し、民衆が暴徒と化して首都に戒厳令が敷かれた。新聞が世論をあおった100年ほど前の罪深い経験だ。外交で譲歩を迫られた時、熱い世論は得てして政府の足を引っ張る。

 しかし今度の場合、多くの言論が首相の頑固な対外姿勢をいさめているのだ。中韓とにらみ合ったまま持久戦を続けたところで、それで勝つには国内世論も国際世論も支持が弱すぎる。戦争も外交も引き際が難しくて、しかも最も肝心なことなのだが。



 駄文を書いて高給をもらってることで有名な若宮啓文とかいう人のコラムです。
 「風考計」なんて名前をつけてるけど空気が読めない人が風を読めるもんかねぇ?
 大体、この文の中にもエリート意識と特定アジア礼賛意識がばっちり出ちゃってるような人がなにをかいわんやってかんじなんですけどね。

・「靖国神社の本殿の脇にある、・・・・・はおかしい」
 戦時中に使われていたものを展示することが軍国主義をあおり、礼賛することにならないでしょ。根本的に軍事に関係するもの=悪っていう単純思考なんだよね、こういう人たちって。

・中国や韓国でも「日本の二大新聞が……」「保守新聞・読売の渡辺会長も……」などと大きく報じられた。
 そりゃあ特定アジアは反日国家なんだから新しい手品のタネがでてきたら大きく報道するのは当たり前でしょ、っていうか、煽ってるでしょ?おまいら?

・コロンビア大のジェラルド・カーチス教授や、MITのリチャード・サミュエルズ教授といった米国有数の知日派
・「戦争責任の検証に朝日と読売が協力することで、アジアとの深い和解が可能になりますように」
 とりあえず、どっかの大学の教授だからってありがたがる感性は朝日と違っておいらにはない。教授だから偉いんじゃない。何かを成し遂げた人が偉いんだ。
 んで、こいつらのメールの内容見たら全然日本のことを知らないんじゃん。知ってたらアジアとの深い和解とかってこといわないよ。
 で、こいつらの専門はなんなの?政治学とか軍事学でアジアを研究対象にしている人じゃなかったら発言になんの重みもない。
 こんなんじゃ、田島がタックルで政治が悪いのは男のせいっていってるのとなんも変わりませんw

・少なくとも新聞は、いまやほとんどがこれに反対している。
 と書いた直後に
・新聞が世論をあおった100年ほど前の罪深い経験だ。
 とのたまえる感性には脱帽するね(爆
 100年前にやったことをいまやってないと言えるのか?以前は新聞が煽り国民が戦争への道を突き進んだが、現在は新聞が煽れば煽るほど国民は疑問を抱いている。これは国民の知的レベルの向上ではないのか?
 引き際を考えなくてはならないのはあなたと朝日なのではないのか?

 新聞上で駄文を書いている暇があったら、もう一度自分のことを深く見つめた方がいいのではないのか?
スポンサーサイト
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
簡単に丸投げとはわらかしてくれる



朝日新聞 声欄
1月25日付朝刊 名古屋版

戦慄を覚えた自衛隊の美化 (岐阜県各務原市 寺田誠知 高校教員 57歳)

 18日の本欄「お世話になる頼れる自衛隊」を読んで戦慄を覚えました。
一部の地域の「除雪」によって、恐ろしい戦争の道具である自衛隊がかくも簡単に美化されてよいものでしょうか。
 またアメリカの侵略に加担した自衛隊のイラク派遣も、かくに簡単に肯定されていいものでしょうか。軍隊を美化し、軍隊に頼った国民がどんなに悲惨な運命をたどらなければならないか、私たちは先の戦争で思い知ったはずです。
 私たち主権者である国民には永久不可侵の権利として自衛権があります。また外国からの侵略だろうと自然の災害だろうと、不断の努力で自らを守る責任があります。そうした権利や責任を安易に軍隊や政府に丸投げしていいものでしょうか。自らの安全は、最終的には自らの血と涙と汗を流して守るしかないのです。
 暴力団にミカジメ料を払って守ってもらおうと思う者はやがてその餌食にされます。同様に、軍隊に頼った国民は軍国主義の餌食にされます。憲法の精神に立ち返り考えてみましょう。



 とまぁ、電波度満載な声欄でも、ひさしぶりに頭に来ました投稿がありました。
 なにがなんでも戦争反対だって主張はさておき、雪国のおいらとしては許せない投稿です。
 この投稿者は今年の豪雪で難儀している人々を「安易に軍隊や政府に丸投げ」し、まるで「暴力団にミカジメ料を払って」るような人たちで、「自らの血と汗を流」して責任を果たす気がない人だと中傷・罵倒しています。

 おいら達が苦労してないと?毎日職場に行くために1時間以上早起きして庭の除雪をし、職場で駐車場の除雪をし、施設の除雪をし、一人暮らしの老人宅に無料奉仕で除雪しに行き、疲れて帰ってきて深夜まで自宅を除雪。
 行政による排雪がある時期には深夜2時頃に自宅の雪を排雪してもらうために起き出して作業しているんです。
 雪国に暮らしているコストだと思って黙々と毎年やってるんです。春になれば溶けて無くなるものに、うちの町の行政だけで年間1億以上の予算を使い、われわれも除雪道具を買ったり、運用したりでかなりのコストがかかってるんです。

 屋根の雪は素人が簡単に除雪出来るものではありませんし、ちょっとした油断で転落・死傷するんです。
 今年もすでに100人以上の方がなくなってるはずです。怪我で済んだ人はその何倍もいます。

 そこまでやっててもそれ以上に雪が降ったら個人の力では対処出来ません。 行政が豪雪対策本部を設置してくれてようやく自衛隊がきてくれるんです。そりゃぁ自衛隊に対して感謝の気持ちがおきますよ。重機と大量の人員であっという間に処理してくれるんですからね。

 自衛隊、いや国が憎くて反日運動するのは勝手ですが、老人の一人暮らしでは自衛隊がこなければ住居が押しつぶされて死ぬんですが、それを受け入れろというんですか?

 人の痛みを想像することもできないような人が教師だってことにこの国の未来を憂います。
 人の痛みを想像することもできないような人が反戦論者だってことに彼らの独善主義がみてとれます。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
天声人語で朝日のジャイアニズム炸裂!
天声珍語と言われて久しい朝日の天声人語ですが、HPからだとすなおにみにいけず、割と見逃してます。
mumurさんのとこで本日の天声人語がとても面白いときいたので、さっそく読んでみることにしました。

天声人語

 前原民主党代表が23日の国会で、自民党は堀江貴文ライブドア前社長を「衆院選の票寄せパンダ」に使ったとただした。小泉首相は、捜査と選挙の応援とは別の問題だと答えた。その夜、堀江前社長が逮捕された。翌日になると、首相は「不明だと言われれば、それまでですけどね」と述べた。

 ところが、この一言ではとどまらなかった。「あのメディアの持ち上げ方、何ですか。自分の持ち上げ方を棚にあげて、改革まで私の責任と批判している」



 最初にホリエモンを大きく取り上げて、年末年始の番組にも懸命に出演させてたのは朝日をはじめとするマスコミですよね。
 それを知らん顔してるかぎりは首相に言われてもしかたないんじゃない?


 昨日のこの欄では、「マスコミはどうですか。すごく持ち上げたじゃないですか」という公明党の幹部の発言について、こう書いた。「すんなりうなずくつもりはないが、取材相手との距離をどう取るか、メディアは常に問われている」



 常に問われているからどうするのかっていう回答は絶対に出さないくせにこういう事を書いたって事で自己満足に陥ってる。
 マスコミは条件反射にすぐれてて、知力のないものの集まりだってのがよくわかるコメントです。
 まるで親が子供に「勉強しなさい」っていった「今やろうと思ってたのに、言われたからやる気無くした」っていってるようなもんですね。
 


 目に余るような持ち上げ方をしたかどうかは、それぞれのメディアが自らの責任で省みることだ。教訓とすべきものもあるだろう。しかし「ホリエモン人気」を票集めの広告塔や「刺客」として利用したその党の総裁が、メディアの方に矛先を向けたのには少々驚いた。それこそが「棚にあげて」ではないだろうか。



 この駄文の白眉です。「目に余るような持ち上げ方をしたかどうかは、それぞれのメディアが自らの責任で省みることだ。」
 バカか?
 だったら聞くが、省みたか?
 視聴率取れるから昔の映像も全部ひっぱりだしてある意味まだ持ち上げてるじゃないか。
 おいら達から言わせればどっちもどっち。棚に上げてしらん振りしてるだけでしょ。
 犯罪者の名前を公表するもしないもメディアの責任、在日を通名で報道するのもメディアの責任ってか?
 おまえら完全に逃げ道無くなったときしか責任とってないじゃん。伊藤律と珊瑚と長野の事件くらいだろ?謝罪したの。あ、伊藤律の時は無かったことにしてしまったからちがうかw
 それにしても、おまえの責任は俺が徹底的に追及するが、俺の責任の取り方は俺が決めるってか・・・ジャイアンかよ、朝日は! 


 見過ごせないのは、自民党が一方的に「ホリエモン」を利用したのではないことだ。ライブドアの側も、自民党という巨大な後ろ盾を、「世界一」の会社に膨らませるために利用しようとしたはずだ。それはまるで、票と金を狙う共演に見えた。



 見過ごすも何もあたりまえのことでしょ。お互いがなんらかの利益を見いだせるから協力し合うんじゃないか。
 TVだってホリエモンとか乙部さんに出演依頼してるのは視聴率のためであって、ホリエモンは自社の宣伝になるから出演してるし。
 それはまるで視聴率と金を狙う共演にみえますよw
 あぁ、特定アジアと日本は違うね。特定アジアが一方的に日本を利用してるからね。


 首相には、問題を追及された時に、ちゃんと説明せず口をつぐんでしまう傾向があるようだ。今回も責任の転嫁で終わってしまうのだろうか。



 朝日は問題を追求された時に、ちゃんと説明せず口をつぐんでしまう傾向があるようだ。今回も責任の転嫁で終わってしまうのだろうか。
つNHK捏造報道
つ記者の乱闘事件
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
鳥取はすでに特定アジアの支配下だった!
鳥取県と韓国をつなぐちょっといい話

亀井茲矩(かめいこれのり 1557-1612)。
 豊臣秀吉の鳥取攻めに参加して武功をあげ、因幡国(いなばのくに・鳥取県東部)の鹿野城主に任ぜられた戦国時代の武将です。

(中略)

 艦船21艘を率いて唐浦(タンポ)沖に投錨していた茲矩も、李舜臣率いる水軍の奇襲にあい、全艦船を失って陸に逃げ、この時、秀吉からもらった「金軍扇」を失って、朝鮮軍に拾われてしまったのです。

(中略)

 さて、鳥取県文化振興課では、この春ソウル~米子便が就航し、韓国がさらに身近になったのを機に、“鳥取県と韓国をつなぐちょっといい話”を募集しています。この亀井茲矩と李舜臣の話は、その一例として紹介してみました。




・・・これのどこがちょっといい話なんですかね?
戦国期の武将が朝鮮で敗れ去った話しでしょ?
韓国にとってはいい話なのかもしれないけど、日本の、しかも亀井氏が治めていた都市からみたら悪い話しなのではないでしょうか?

しかも日付をみたら2001年ってことは、最近の人権擁護法案の制定、人権委員に特定アジアの委員をいれてるってことまで一本の糸でつながったかも。

もう鳥取県は島根に吸収合併でいいよ。
んで、いまの県知事以下県職員に至るまでさっさと特定アジアに移住してくれ。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
首相にある責任ってのはさぁ・・
首相、責任初めて認める 堀江容疑者支援で

 小泉純一郎首相は24日夕、逮捕されたライブドア前社長の堀江貴文容疑者を自民党が昨年の衆院選で支援したことに関し「応援したのは責任だと言われれば、責任になるとは言える。そういう責任は甘んじて受ける」と述べ、自身の責任を初めて認めた。官邸で記者団の質問に答えた。
 首相は23、24両日の衆参両院の代表質問で、事件と堀江容疑者支援を「別問題」と答弁、自らの責任を否定していたが、野党に加え、自民党内からも批判が強まったことから、方針転換したとみられる。
 首相は衆院選で支援したことを「人物を隅々まで調べるのは難しい。それを不明だ言われればそれまでだ」と釈明。「(堀江容疑者は)無所属で落選した。メディアより有権者の方が冷静だった」と述べた。
 今回の事件を小泉改革の「影の部分」が出たとする批判に対しては「今回の逮捕と小泉改革とは別の問題だと思っている」と述べ、無関係との認識を示した。




マスコミはほんとしつこいね。借金の取り立て屋みたいw
んで、ここでマスコミは責任を認めさせたって得意になってるようだけど、首相のいってることはたとえていうなら「俺の車は駐車場でぶつけられたが、そこに止めてたのは俺の責任」っていってるだけだぜ。
あたりまえだよなぁ。首相が粉飾決算しろっていってた訳じゃないし、候補者選びに難儀してた時期だから調査しきれなかっただけでしょ。

大体東京地検の強制捜査がはいらなかったらいまでもマスコミはどんどんTVにだしてたでしょ?
朝日は番組内容変更させてたよねぇ??
マスコミは犯罪者をTVに出演させてたんでしょ。だったら犯罪を助長した責任があるんじゃないの?
首相にいった言葉はそのままマスコミに返っていくけど、それにたいする反論はできるの?

前のエントリーで書いた麻生大臣の記者会見の様子じゃ、まったく無理だとおもうけどねw

もうね、なんでもかんでも首相とか政府の責任にするのやめようよ。
マスコミは「愚昧な大衆を導いてやってる俺様よりもホリエモンの年収が多いのは政府が悪い」っていってるようなもんだったし、いまじゃ「ホリエモンが犯罪を犯したのは政府が悪い」っていってるようなもんだよ。
餓鬼じゃないんだから、もっと知性のある質問して、国民がきちんと判断できるような情報の取得に努めるべきだよ。

ところで、首相は「メディアより国民のほうが冷静だった」っていってるけど、マスコミはそれに対しては・・・反論できそうにもないね、やっぱしw
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
マッチポンプばかりのマスコミを軽々といなす麻生大臣GJ!
外務大臣会見記録(1月24日付)

ライブドア堀江社長逮捕
(問)ライブドアの堀江貴文社長が逮捕されましたが、この事件についての受け止めは。

(外務大臣)マスコミも随分はやしてましたものね。一番煽っておられた貴紙の感想はどうですか。こっちの方が先に聞いてみたいような気持ちですけどね。法律に違反すれば罰せられる。当然だと思いますけど。

(問)去年の衆議院選挙で武部幹事長始め、自民党執行部が公認はしませんでしたが、堀江社長を応援していたという責任についてはどのようにご覧になっていますか。

(外務大臣)犯罪を犯しているということを見抜けなかったという点においてはマスコミと同じかもしれませんね。なかなか見抜けないものなんだとは思いますけど。

(問)小泉政権の規制緩和であるとか自由競争であるとかそういう路線へ今回の事件が与える影響というのはあるのでしょうか。

(外務大臣)規制の緩和というのはそのまま続いていくのであって、規制の緩和の中でも規制の緩和を法律を守りながらやる人と、法律を守らないでやる人が二つ出た。規制を緩和すれば皆法律を守らなくなるというのは話が飛躍し過ぎていると思います。




ということで、一部抜粋なんですが、ここで大臣の言っている「マスコミ」とは中継ではちゃんと朝日新聞と発言していますw

大臣の言うとおり、ホリエモンはもともとマスコミが時代の寵児として偶像化し、大きく持ち上げました。
結果、昨年の衆院選では民主党が立候補を打診しましたが見事に振られ、自民党から出馬、落選しています。
このときももともと選挙なんて行ったことがない、興味がないといっていたホリエモンのことを肯定的に大きく取り上げたのは朝日をはじめとするマスコミです。

それが、逮捕されたとたん自民党攻撃に使えるということでこうして関係ないところまで聞いて回るのは、大臣就任会見のときの「朝日新聞ですが、靖国参拝しますか?」という質問をいちいちしているのと同じ構図です。

いままでの閣僚はマスコミにたいしてずいぶんとやわらかく接してました。まぁ昔はマスコミにたたかれたら選挙に勝てないということもありましたから当然です。しかし、結局それはマスコミの増長を招き、増長したマスコミは特定アジアにつけこまれる隙をたくさんつくり、いまでは特定アジアの宣伝機関と化しているといっても過言ではないと思います。

しかし、ネット、というよりもブログが普及し、個人での発言が気軽に出来るようになった現代では麻生大臣のようにはっきりとマスコミにも責任があるということを発言する方が国民の信任を得ることが出来るようになってきました。

民主党や社会党はいまだにそれをよく理解してません。この辺が政権をまかせてもいいかどうかの分水嶺になってくると思います。

それにしても麻生大臣は外相就任時からマスコミの誘導尋問を巧みにかわして手玉に取るのがうまいですね。
今回の質問は朝日新聞、テレビ朝日、琉球新報だったと思いますが(記者の名乗りが小さくて聞き取りにくい)すべて切り返しているし、切り替えされた相手は全く答えることが出来ていませんでした。

こういうことを見るにつけ、マスコミの質の低さを痛感するし、そういうマスコミしかない日本という国を大きく憂いています。

それにしても、麻生大臣ってほんとに韓国のビザを恒久的に免除する考えなんだろうか?
もしそうだとしたらおいらの中の評価がた落ちなんだけど、マスコミは特定アジアに有利になるとわかっていなければそういうことは絶対に質問しないしなぁ・・・
[マッチポンプばかりのマスコミを軽々といなす麻生大臣GJ!]の続きを読む この記事が気に入ったら→人気blogランキング
靖国によってあぶり出される売国政治家
戦争責任検証へ研究会…民主有志議員、26日設立

民主党の有志議員が、先の大戦について、日本の戦争責任を検証することを目指し、政策勉強会「日本の歴史リスクを乗り越える研究会」を発足させる。

 26日に設立総会を開く。

 呼びかけ人は、衆院は近藤昭一氏、達増拓也氏ら、参院は簗瀬進氏、岡崎トミ子氏らの計8人。

 設立趣意書は「(小泉首相の靖国神社参拝が)日本をアジアで孤立化させ、経済的な国益まで失わせようとしている。第2次大戦から派生する様々な問題を『わが国の歴史リスク』ととらえたうえで、総括的・総合的な対応策を確立するギリギリの時期に来ている」と記している。



ここで名前の挙がった岡崎トミ子氏は以前、韓国の反日デモに参加しているれっきとした売国政治家です。
国賊岡崎トミ子

こういう人が呼びかけをしているということは結論ありきの反日勉強会になることがわかりきっています。

ところで、参院は2名しか名前が挙げられてませんが、26日にはたぶん全員の名前が判明するんで、是非その人達を落選させてやりましょう!
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
中国様が言うことは・・
「産経は言論暴力団」 中国誌、名指し批判-産経

 まず「正論」執筆者らを名指しで列挙、「侵略戦争を否定し、靖国神社参拝を支持し、周辺隣国を誹謗(ひぼう)中傷し、平和憲法改正を訴えるのが“正論者”の最大公約数」と説明。「デタラメの論に立ち、故意に過激な言動で人の興味を引きつけようとする」と批判した。

 一方、朝日新聞については、「広範な大衆を代表する進歩的メディア」と紹介し、戦後の保守勢力台頭に断固反対する民衆と朝日新聞に対し「保守勢力は言論操作の重要性を実感した」と解説。フジサンケイグループを、保守政財界のてこ入れで生まれた「保守勢力の御用喉舌」と位置づけた。

 さらに産経新聞などを「狭隘(きょうあい)な民族主義を吹聴するだけでなく、異論を排斥する言論暴力団」と呼び、「朝日新聞や進歩的論客を長期にわたって悪意に攻撃してきた」と述べた。




まとめ
中国様に逆らう産経は極悪非道
中国様に従順な朝日は大衆を代表する新聞


※中国からほめられる=売国奴=民主党・社会党・朝日
 中国からけなされる=保守=安倍・小泉・産経


それにしても最近の中国ってわかりやすい外交を展開してますねw
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
民主党は分裂しろよ
民主党:対中政策で折衷案 「国の脅威」否定で調整へ-毎日

 民主党は16日、通常国会中にまとめる「外交・安全保障ビジョン」に、中国に関して「軍事力増強は脅威だが、国としては脅威でない」との見解を盛り込む線で調整を始めた。前原誠司代表が「中国の軍事的増強は現実的脅威」との認識を表明したことに強い反発があることから折衷的な表現で合意を目指したものだが、党内の理解を得られるかは微妙だ。

 前原氏は先月8日の米国での講演で「中国は経済発展を背景に軍事力の増強、近代化を進めている。これは現実的脅威だ」と発言。党内の一部に反発を招いた。このため「『脅威』とは(日本攻撃の)意図と能力で決まる。中国の軍拡は脅威だが、(攻撃の)意図はなく、脅威ではない」(幹部)と表現を使い分けることで意見集約を図ることにした。「脅威」に代わり「憂慮」という表現も検討された。しかし、前原氏がその後も繰り返し「脅威」と発言しているため同党は「今さら弱められない」(外交・安保部門会議幹部)とメンツを保ちつつ、「国としては脅威ではない」ことも強調する苦肉の表現で軟着陸を図る。



党首の強硬発言と民主党左派(=旧社会党)の妥協で「中国の軍事力は脅威だが(日本)国としては脅威でない」ということに落ち着くそうです。

民主党はアホか?
現実にミサイルの照準を日本に向けてるし、空母配備計画中だし、日本領海内で海洋調査やら潜水艦航路の調査してるし、尖閣諸島は中国のものだっていってる状況のどこが「攻撃の意図はない」ってことになるんだよ。
中国は現実に日本侵攻の意図と能力を持ってるって~の。

大体、意図がなければ脅威でないなら、日本が核配備しても中国は文句つけないのか?
いつもちょっとしたことで日本の軍拡は脅威って騒いでるのは特定アジアでしょうが。そのときは民主党が率先して意図がないから脅威ではないって説明してるか?そうじゃないだろう。尻馬に乗って与党攻撃してるじゃないか。
ダブルスタンダードはやめてくれ。

万歩ゆずって、日本に脅威はないとしよう。でも周辺諸国に現実に脅威をまきちらしているじゃないか。
自国がよければそれでいいのか?>民主党
アジアの安定に力を尽くすことはしなくていいってのか?

民主党はほんとにダメダメだね。
まぁ、自民党憎しってやつらが集まった、単なる烏合の衆で、マスコミが意図的に民主党を応援してた当初はよかったけど、だんだん実態がばれてきてるからねぇ。
このままじゃ次の選挙もボロボロになるよ。

もともと自民党分離派と社会党なんて意見の一致をみることが少ないんだから、いつまでも小沢みたいなやつにだまされてないで真の保守政党と真の特定アジア政党に分離したほうが国民の支持を得られるんだけどね。

まぁ、民主党は一刻も早く瓦解しろってことだ。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
阪神大震災にかこつけて特定アジアをヨイショするニダ
阪神大震災から十七日で十一年になる。あれからこの国ではまる…-東京新聞 筆洗

 阪神大震災から十七日で十一年になる。あれからこの国ではまるでたががはずれたように

(中略)

▼神戸に住む友人が震災時、はだしで飛び出して履物に困り、毛布を切り裂いて靴がわりに履いた話がヒントになった。丈夫な生地を韓国から取り寄せ、縫製は中国のメーカーに頼んだ。こうして六年がかりで誕生したのが、“着る非常用持ち出し袋”「ノイエバイタル」だ▼昨年十二月に販売開始して、東急ハンズ新宿店に見本を置いたら、受注予約で初期生産分は完売の人気。一昨年の北陸や新潟水害で避難途中に溺死(できし)した高齢者の事故を見て、ひもを引けば救命浮袋になる「2型」も開発した▼ふるさとに残した両親へのプレゼントにしたいなどの問い合わせもあるという。藤田さんの連絡先は電話03(3875)4525、有限会社ノイエ・クラッセ。



阪神大震災にかこつけた特定アジアのヨイショ記事ですなー
わざわざ書き込まなくても文章は成立するのに、あえて書き込むあたりに東京新聞の特定アジアに対する配慮がうかがえますw

でもこれって特定アジアに頼まなかったらもっと早く完成してたと思うのは気のせいでしょうか?
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
麻生氏は何を考えてる!
韓国人のビザ、3月から免除恒久化へ 日本政府-産経

ビザの恒久免除ってのは、対象国が信頼出来る国に対してはしてもいいと思います。現に日本は各国から信頼されてるので、免除されている国がたくさんあります。

しかし、韓国はこれまでの報道でもわかるとおり、まだまだ未成熟な国です。しかも官民あげての反日国家で、日本に対しては何をやってもいいという感覚がまだあり、出稼ぎ犯罪者も増加中とのことです。

韓国外交通商相、後継首相の靖国参拝をけん制-産経

入国斡旋:アシアナ航空元社員を逮捕 背後に密入国組織か-毎日

窃盗 VS 窃盗-mumurブルログ

このような国にビザを恒久化するなんて、麻生大臣は総理のイスをねらってないんでしょうか?

朝日新聞による在日の通名報道をはじめとして、特定アジアに過剰にシンパシーを感じているマスコミが大半なうちは恒久化は断じてやめるべきだと思います。

みんなで外務省に再考してもらうようメールでもだしてみませんか?
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
毎日だけに毎日電波
靖国参拝問題 争点隠しの総裁選はごめんだ-毎日

>しかし、靖国参拝を政治問題化させた発端の一つは、01年の総裁選で小泉首相が掲げた公約といえる。「いかなる批判があろうと8月15日には参拝する」と、明言した。パンドラの箱を開けてしまった。参拝日はいずれも変更されたが、参拝は毎年続けられている。

う~ん、公約守られてないねぇ。守って欲しいけど、どっちかというと新たな御霊が祀られる大祭のときがいいな。
んで、「パンドラの箱」を開けたんなら中途半端に閉めることはまずいでしょ。なんてったって最後には「希望」がでてくるんだからさ。言論の世界にいきるんなら、ちゃんとした言葉を使おうね。


>昨年10月に小泉首相は参拝したが、従来とは異なり昇殿せず、拝殿前で手を合わせただけだった。だが、暗礁に乗り上げた近隣外交の打開策にはならなかった。アジア各国の首脳からも関係悪化を懸念する声が寄せられている。靖国参拝を「心の問題」の領域にとどめることはできなくなっている。

だから、特定アジアは戦争利権を守るためになにやっても妥協しないってことがわかったじゃないか。
それなのに靖国参拝やめたからといって今の状況となにが変わるというんだろうか?
大体「心の問題」の領域にとどめさせてもらえないのは特定アジアに偏向したマスコミのせいでしょ。


>日本の世論も二分されている。昨年10月の毎日新聞調査では、参拝に賛成(44%)よりも反対(51%)が7ポイント上回っているだけだ。小泉首相の靖国参拝には、司法の判断も分かれている。04年の福岡地裁に続き、05年には大阪高裁も違憲判断を下した。

高裁に違憲判断する権限はないって前からさんざんたたかれてるでしょ。
あくまでも傍論、裁判官の意見であって、法律は最高裁判所でしか違憲かどうか判断できないはずだよ。


>昨年の総選挙で「小泉改革」路線は国民から大いなる支持を得た。それだけに、改革路線が一大争点になるとは思えない。靖国問題は国民的人気では他の有力候補を圧倒している安倍官房長官への包囲網作りのために仕立てられた争点との見方も出ている。

誰の見方ですか?はっきりさせてくださいな。
まさか、架空の人物の見方じゃないんでしょうね?
今回の総裁選についても改革の遂行が最大の争点だと思ってるんですが、毎日は靖国に行くか行かないかだけで次の総理を選ぶと言うんですか?
そこまで特定アジアにおもねるのは・・・やっぱり利権がからんでるんでしょうな。


>総裁選では各候補の基本的スタンスをはかる上でも靖国問題は格好のテーマだ。「争点にすべきではない」は、「批判を許さない」と同意語になりかねない。総裁選とはいえ、結果としては一国のトップを選出する選挙だ。争点隠しは許されない。大いに論争し、行き詰まったアジア外交を再構築する糸口にすべきだ。

だったら、まず総理から投げかけられた「靖国参拝自体がいけないのか、中国、韓国がいけないからいけないのか、はっきりしてほしい」という質問に答えろよな。
大いに論争するのはいいけど、相手からの質問には全く答えない、あるいは論点ずらして、自分の意見は強制するっていうのは論争じゃなくて意見の押しつけって言うんだよ。

まったく、日本の大手マスコミはろくでもない人間がおおいね。
新聞の品質競争がないからなんだろうけどね
宅配制度崩壊して欲しいなぁ・・・
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
DQNの拡大再生産はやめてくれ
出産無料化を検討 少子化対策で経済支援-産経

>猪口邦子少子化担当相は13日午前の記者会見で、入院を含む出産関係費用を国が全額負担する「出産無料化」制度の導入を検討していく考えを明らかにした。若年夫婦らの経済的負担を軽減し、少子化の進展に歯止めをかけるのが狙いだ。

・・・出産無料化したからって少子化はおさまらないだろうに。
子育て支援策の方がまだましだよ。
出産がタダなら確実にDQNの拡大再生産がおきるよ。中絶より安上がりだからね。
それでもってパチンコ屋での放置プレイやDQNらしい再婚や不倫で幼児虐待が起きるのは現在の日本では火を見るよりも明らかだと思うけどね。

金をばらまくんなら教育に使ってくれよ。


小泉政権は割と好感もてるんだけど、こういうところが納得いかないんだよなぁ
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
今日も朝日は正常運転・・でも電波度低めw
自民総裁選 靖国を避けて通れるか-朝日

東京新聞の方が電波度高めだったんで、こっちはピンポイントでw
もっと出力あげてよね(爆

>私たちも、戦没者をどう追悼するかの問題が争点になるのは悲しむべきことだと考える。だが、現実に大きな争点になってしまっているのは明らかだ。

さっきも書いたけど、大きな争点に拡大再生産したのはマスコミ


>中国など相手側に問題がないわけではない。それでも、こじれにこじれた外交をどう立て直すか、次期総裁つまり次の日本首相の座を争う政治家たちに、打開策が問われないはずがないではないか。

二重否定使わないで中国にも問題があるってかけばいいじゃん。字数減るよw
で、当然外交問題は問われてしかるべきだが、靖国とは関係なく問えよ


>隣国の首脳と会談できない首相にはらはらしている国民も、中国の巨大市場でのビジネスを心配する経済界も、次の首相がどう切り開いてくれるのか、大きな関心を寄せているはずだ。

「会談出来ない」ではなく「こちらから膝を屈してまで会談する気がない」の間違いだろ?
そしておいらは国民だがはらはらはしてないぞ。どっちかというと「市民」のほうだろ?
そんで、経済界っていうが、トヨタもユニクロも人治主義の中国に自工場奪われないようにしているだけで、全く国のことなんて考えてないからね。
奴らの頭にあるのは金儲けのことだけでしょ。国民に還元することなんて全く考えてないよね。


>もともと参拝支持派の安倍氏はこの問題を避けたいように見える。

じゃなくて、事実を根拠にしないで、捏造を元にして批判してくるマスコミに対してあきれかえって返答する気もなくなっただけなんじゃね~の?
現においらもかなりあきれかえってるしね。


まぁ、次期総裁をちゃんと選びたいなら、内政、外交、軍事といった論点ごとにどのように考えてどのような政策を実施するのかをきちんと質問して記事にして下さいな。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
東京新聞とサヨク その居直りがいけない
小泉氏と靖国 その居直りがいけない-東京新聞

>これが国の最高責任者の発すべき言葉だろうか。「靖国参拝自体がいけないのか、中国、韓国がいけないからいけないのか、はっきりしてほしい」と、小泉首相は言った。その居直りがいけない。

いや、はっきりしろよw
いつもあげ足とるばかりで、しかも首相が言ったように、はっきりさせずに攻撃してきたのは新聞屋のほうでしょうに


>外遊先のイスタンブールでも首相は靖国にご執心だったようだ。年頭会見と同じ発言を繰り返した。おれの勝手だ、余計な口を挟むな、と言わんばかりに。まるで批判されるのを楽しむように。

イスタンブールにまでいって同じ質問するしか能のない記者のほうがよっぽど問題だと思うんですけどね。
イスタンブールとの外交問題を深く突っ込む能力のある人は・・・・いないんでしょうね、やっぱり
大体、年頭発言から1ヶ月もたっていないし、一部中共と深い関わりがあると疑われている人からの批判しかないってのに前言を翻すなにものもないでしょうに


>物事を単純化して異論を退けるような、発展性のない議論につきあうつもりはさらさらないが、理解に苦しむ点はただしておきたい。

勝利宣言キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
単純化した方があなた達もはっきりさせやすいんじゃないの?
まず何が問題かをはっきりさせようよ。それが解決できる行程の最初だと思うけどね。
結局は論破出来ないから勝利宣言して終わりか、(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ
とても言論で高給とってる人とは思えないね。


>首相は自民党総裁選の争点に関して「靖国の問題を自分から提起したことはない。参拝しろとか、してはいかんとか、誰にも言うつもりはない」と述べている。
>二〇〇一年総裁選で八月十五日参拝を公約して、党の有力支持団体、日本遺族会の票獲得に動いたのは誰だったか。小泉氏である。
>それでいて、ポスト小泉の総裁選は靖国を争点にするな、と言うのなら、そんな身勝手はない。

そのときも公約の一つで争点にはしてなかったでしょ?
確かそのときは構造改革、景気回復が各候補の争点で、そのなかでも特殊法人等の民営化という目玉をだした小泉氏が当選したわけで、当時靖国なんてなんの争点にもなってない。
それでいて、ポスト小泉の総裁選は靖国を争点しろ、と言うのなら、そんな身勝手はないw


>盟友であった山崎拓氏が「外交問題でないと強弁しても、内政問題であり、争点になる」と言っている。その通りだ。次の総裁は小泉スタイルを継ぐのかどうか、党員も、国民だって、知っておきたいだろう。
>そもそも、靖国参拝をわざわざ目立たせて、外交問題に発展させたのは首相自身だ。いまさら「精神の自由、心の問題だ」と自分の殻に閉じこもるのでは、無責任だろう。

靖国問題をここまで大きくさせたのは、あなた方新聞社と中共と朝鮮の工作員と反日日本人です。
これらの人々が煽らなければ全く問題にならなかったことは従軍慰安婦問題でもはっきりしています。


>参拝自体がいけないのか、外国が駄目だと言うからいけないのか、と居直ってみせる首相に、日米・日中戦争、その責任の所在をめぐっての思慮分別は感じられない。極東国際軍事裁判、いわゆる東京裁判と、そこで断罪されたA級戦犯の評価を抜きにして、靖国は語れないのに。

責任はA級戦犯におっかぶせて、自分はいい人になろうってか?
当時の国民の熱狂ぶりとそれをさんざん煽った新聞社には全く責任がなかったと、こういいたいわけですね。
自らを総括出来ない者がなにをいってるんだか・・・
大体、A級とBC級に罪の軽重はなかったことをいつまでかくしてるんですか?
A級はずしてもBC級を問題化させるのはすでに目に見えてるってのに、おめでたいですね。
そして、刑の執行により罪をはらしたっていうのに、まだ断罪するんですか?さすが精神構造が中共にのっとられているだけありますね。
日本のよき文化「水に流す」ということはしないんでしょうね。


>次期総裁候補の一人、安倍晋三氏も小泉氏と同類らしい。先日こう言った。「先の戦争をどう評価するかを政治家が言うと、外交的、政治的意味を持ち、あまり賢明ではない。それは歴史家に任せたい」。意味が分からない。歴史認識を語れぬ総理総裁候補など、候補たりえない。

ん?竹下さんのあたりにも後世にまかせたいっていう談話があったと思うが?そしてそのときは意味がわからないなんて馬鹿な発言したところは無かったように思うが?
大体「歴史認識を語れぬ総理総裁候補など、候補たりえない」って言うけど、自分の歴史認識と異なってたら社をあげて批判する奴らばっかりなのに簡単に語れるかよ


>連立与党にあって控えめな公明党の神崎武法代表が、さすがに次の首相の参拝自粛を求めている。(1)歴代首相は侵略戦争を深く反省する談話を出している(2)靖国神社はA級戦犯が合祀(ごうし)され、かつての戦争を称賛している(3)そこに首相が行くのは内閣の方針と矛盾する-というものだ。
>また口先だけかと軽んじられないよう、神崎氏にはお願いしておく。

公明党にはなぜかやさしいのねw
控えめじゃなくて、もはや盲腸並みにあってもなくてもいい状態だから発言力がないんでしょうが
靖国は「元」A級戦犯が合祀され、明治維新からこれまでの戦没兵士の魂を祀っているだけであって、戦争を称賛しているわけではない。ちゃんと中をみればわかる。
だから、この批判は全く的を射ていないものである。

言論で飯食ってるなら、素人にも簡単に論破されるような社説書くんじゃない!
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
いまさら質問書ですか
安倍氏らに公開質問書-サンスポ

>NHKの従軍慰安婦番組改編問題で、同局OBらでつくる「放送を語る会」など16団体が10日、安倍晋三官房長官、中川昭一農相とNHKに、政治介入の防止などを求める公開質問書を出した。
>質問書は両氏に対し、NHK幹部との面談は番組内容への干渉で政治介入に当たると指摘、否定するのであれば論拠を明らかにするよう要求。今後も番組内容について放送前に説明を受けたり、中止を求めたりすることがあるかを尋ねている。
>両氏はこれまで「公正中立の立場で報道すべきであることを指摘した」などと説明している。

てことで、もうすでに朝日の負けが決まったような番組改編問題ですが、いまさらになってNHKのOBから公開質問状がでたみたいです。

安倍議員宛公開質問状

内容は「公正中立の立場で報道すべきであることを指摘した」のが政治介入だってことらしいですが、こういう意見を言うことも政治介入ならばマスコミはなにをやってもいいことにはならないか?

大体、朝日新聞の記事そのものが捏造だといわれているのに、それを根拠とした公開質問状になんの意味があるんでしょうか?

なんか、ものすごくピントはずしてるんだよなぁ、この団体

これこそまさに「なぜ、いま」実施するのかわからない問題です。
というか、やっぱり理由は宗主国さまの意向があるんですかね?
日本に報道規制を要求 中国「対中批判多すぎ」
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
毎年恒例の大人になれない成人達
最近忙しくてなかなか更新できませんねぇ・・

新成人、式典後に騒ぐ=警官隊ともみ合いも-那覇市

>2002年に逮捕者を出し、翌年から市主催の成人式が廃止された那覇市で8日、地域自主開催の式典が15会場で開かれた。沖縄県警などによると、各会場とも式典中は大きな混乱はみられなかったが、新成人の一部が式典後、街中で酒だるを割るなどして騒ぐ光景は今年も繰り返された。
>市の中心の県庁前広場などには午後3時ごろから、出身中学校ごとにそろいの羽織はかまを着た新成人のグループが続々と集結。拡声器で中学校名を連呼しながら、泡盛の酒だるを割ったり、一気飲みやビールかけをしたりして騒いだ。
>警戒中の警官隊が酒に酔った新成人の一人を連行しようとしたところ、仲間の新成人らが逆上。警官隊ともみあいになり、一時騒然とする場面もあった。
>一方、沖縄県浦添市仲間で、午後3時10分ごろ、成人式会場に車が入るのを防ぐ車止めの機材を無理やり引っ張り撤去したとして、浦添署は公務執行妨害の現行犯で、左官の男(20)を逮捕した。 
(時事通信)

毎年恒例の成人式でバカがバカ騒ぎを起こしてるニュースです。沖縄は毎年記事になるね、よっぽど程度の低いやつが多いのか・・・
まぁ、式典中に大きな混乱がなかったって書いてあるだけましになったのかな?
大人になる条件の一つには式典なんかでは騒がない、携帯はマナーモードにするとかという当たり前のことを当たり前にできることが求められていると思うんだが、そういう観点からするとまともな大人は今の世の中ほとんどいないのかねぇ・・・
大体、そういうことを教える立場にある教師そのものが大人になってないからねぇ・・・

それにしても捕まったのは左官かよ。またまともな左官屋の肩身が狭くなるねぇ。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
正月4大紙の社説
新年明けましておめでとうございます。

今年一年を占う各社の社説を読み比べてみたいと思います。

【主張】新たに始まる未知の世界 アジア戦略の根幹は日米同盟-産経

要旨
・「変えるべきものと、変えることのできぬものを、識別する知恵」が必要である。
・日本が「モノを言う」外交を行ったのは評価できるが、それはただの始まりである
・日米関係は重要である
・驕(おご)らず、高ぶらず、確かな実績を重ねる日本でありたい。


「人口減少時代へ国家的対応を 市場原理主義への歯止めも必要だ(前半)」
 「人口減少時代へ国家的対応を 市場原理主義への歯止めも必要だ(後半)」

要旨
・人口減少が始まった
・国の財政はピラミッド型の人工モデルで計算してるので財政の破綻が懸念される
・ハゲタカファンドは経済の効率化、生産性の向上にはなんの貢献もしない
。経済にも倫理が必要だ
・東アジア共同体は共通の価値観がないから幻想に過ぎない。
・超党派で国家戦略の構築が望まれる。


ポストXの06年 壮大な破壊後の展望が大事

要旨
・小泉首相がいなければ構造改革はできない。継続して首相でいるべきだ。
・壊すだけ壊してやめるのはずるい
・首相の周りにいて威張ってるように見えるのは虎の威を借る狐だ















武士道をどう生かす 2006謹賀新年

要旨
・首相のせいで競争社会になった
・中国様に文句をつけるバカが多くて困る
数学者の藤原正彦氏に言わせれば日中戦争は「武士道精神に照らし合わせれば、これはもっとも恥ずかしい、卑怯(ひきょう)なこと」だ
・靖国参拝反対
・「60年たっても反省できない日本」が(朝日の本社内に支社のあるNEWSWEEKにより)欧米でも語られがちだ
・次の首相は媚中派にしろ


今年も朝日は正常運転w
朝日の反対の道を行けば国政あやまることなし。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。