まさの中道右派blog-MITTOMONAIを世界に
日本がこれから世界各国と対等に渡り歩くためにはどうすればよいかを日々愚考しながら実践・・できればいいなぁと考えてつくってみました。とりあえず、みんなの考えるきっかけになればと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
毎日だけに毎日電波
靖国参拝問題 争点隠しの総裁選はごめんだ-毎日

>しかし、靖国参拝を政治問題化させた発端の一つは、01年の総裁選で小泉首相が掲げた公約といえる。「いかなる批判があろうと8月15日には参拝する」と、明言した。パンドラの箱を開けてしまった。参拝日はいずれも変更されたが、参拝は毎年続けられている。

う~ん、公約守られてないねぇ。守って欲しいけど、どっちかというと新たな御霊が祀られる大祭のときがいいな。
んで、「パンドラの箱」を開けたんなら中途半端に閉めることはまずいでしょ。なんてったって最後には「希望」がでてくるんだからさ。言論の世界にいきるんなら、ちゃんとした言葉を使おうね。


>昨年10月に小泉首相は参拝したが、従来とは異なり昇殿せず、拝殿前で手を合わせただけだった。だが、暗礁に乗り上げた近隣外交の打開策にはならなかった。アジア各国の首脳からも関係悪化を懸念する声が寄せられている。靖国参拝を「心の問題」の領域にとどめることはできなくなっている。

だから、特定アジアは戦争利権を守るためになにやっても妥協しないってことがわかったじゃないか。
それなのに靖国参拝やめたからといって今の状況となにが変わるというんだろうか?
大体「心の問題」の領域にとどめさせてもらえないのは特定アジアに偏向したマスコミのせいでしょ。


>日本の世論も二分されている。昨年10月の毎日新聞調査では、参拝に賛成(44%)よりも反対(51%)が7ポイント上回っているだけだ。小泉首相の靖国参拝には、司法の判断も分かれている。04年の福岡地裁に続き、05年には大阪高裁も違憲判断を下した。

高裁に違憲判断する権限はないって前からさんざんたたかれてるでしょ。
あくまでも傍論、裁判官の意見であって、法律は最高裁判所でしか違憲かどうか判断できないはずだよ。


>昨年の総選挙で「小泉改革」路線は国民から大いなる支持を得た。それだけに、改革路線が一大争点になるとは思えない。靖国問題は国民的人気では他の有力候補を圧倒している安倍官房長官への包囲網作りのために仕立てられた争点との見方も出ている。

誰の見方ですか?はっきりさせてくださいな。
まさか、架空の人物の見方じゃないんでしょうね?
今回の総裁選についても改革の遂行が最大の争点だと思ってるんですが、毎日は靖国に行くか行かないかだけで次の総理を選ぶと言うんですか?
そこまで特定アジアにおもねるのは・・・やっぱり利権がからんでるんでしょうな。


>総裁選では各候補の基本的スタンスをはかる上でも靖国問題は格好のテーマだ。「争点にすべきではない」は、「批判を許さない」と同意語になりかねない。総裁選とはいえ、結果としては一国のトップを選出する選挙だ。争点隠しは許されない。大いに論争し、行き詰まったアジア外交を再構築する糸口にすべきだ。

だったら、まず総理から投げかけられた「靖国参拝自体がいけないのか、中国、韓国がいけないからいけないのか、はっきりしてほしい」という質問に答えろよな。
大いに論争するのはいいけど、相手からの質問には全く答えない、あるいは論点ずらして、自分の意見は強制するっていうのは論争じゃなくて意見の押しつけって言うんだよ。

まったく、日本の大手マスコミはろくでもない人間がおおいね。
新聞の品質競争がないからなんだろうけどね
宅配制度崩壊して欲しいなぁ・・・
スポンサーサイト
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
マスコミには自浄作用などない
被害者の親族を「容疑者」と誤報 毎日新聞を提訴-朝日

「容疑者」に間違えられ写真掲載、毎日新聞を賠償提訴
-読売


被害者の親族の写真を殺人事件の容疑者として掲載、その後、会社をやめさせられ、子供もいじめにあった模様。
それを数行のお詫び記事で謝ったことにするなんて、どうしようもない。

朝日によると「女性は毎日新聞に対し、謝罪広告や金銭的な補償を求めたが、「前例がない」「紙面上で検証する」などと断られた。今になっても検証が実行されないため、「誤報の重みに対する認識が不足している」と提訴に踏み切った。」ということですが、こんな状態でよく政府批判とかできるもんだね。

なによりみっともないのは、毎日新聞で報道されてないことですね。じぶんのとこの不祥事はなかったことにしておくってのは、毎日に限らず、朝日でも読売でも何度も例のあったことです。

こうしたマスコミに被害者の実名を公表するというのはいかに恐ろしいことかってのがよくわかる事例となりました。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
毎日の社説
朝日・毎日・東京の3大サヨク新聞社の一つ、毎日新聞の社説がみっともないことになってます。

視点・竹島の日 日韓友情年が中韓連帯年に-毎日

>今年は日韓国交正常化40周年を記念する「日韓友情年」だった。

独逸との友情年でもあったわけですが、マスコミ各社は華麗にスルーしてましたね。

>今年の初めはまだ昨年来の「冬ソナ」「韓流」のブームが続いていた。「友情年」の滑り出しは順調に見えた。

電通があおって失敗したブームね。わかいもんには全く関係なかったぞ。おいらの周りも全く無反応なのにブームですか、そうですか。
事実を書いて欲しいねぇ・・

>歯車が狂い出すのは3月。島根県議会の「竹島の日条例」制定からだ。韓国世論は猛反発し、反日デモが起き、国会議員が竹島に上陸して実効支配を見せつけた。政治は結果がすべてだ。日本の領有権になんの進展もなかった「竹島の日」とはなんだったのか。

なんだったのかって? マスコミがひたすら韓国をヨイショしまくって事実をゆがめようとするから編入100周年を記念して制定したんじゃなかったっけ?
日韓友情年と基本は一緒じゃない。

>韓国の反日デモは、インターネットで見守っていた中国人を刺激した。これが4月、「日本を常任理事国にするな」という中国各地の反日デモ爆発につながった。

中国では言論の自由がないのを知ってるでしょ?
しかも4月のデモは国主導だったってことがいわれてますが?
他国からの反発がなければ1年中やってたはずですよ。現に批判された直後からデモがほとんどおきてないしね。

>小泉純一郎首相が、県議会に頭を下げて「竹島の日」を先送りさせていたなら、盧武鉉(ノムヒョン)大統領に会ったときに「あなたとの友情を大事にした」と、韓国に貸しを作れたかもしれない。「YKKは友情と打算だ」と言える小泉首相ならできたろうに。

作れた「かもしれない」ですか。後からならいくらでも注文付けられますね。
でも、根本的に間違ってます。
韓国では日本を格下に思いたいからなにかしてあげても当たり前としかおもいません。先送りしようが何しようがかならず文句はつける国です。

>靖国神社参拝でも、ジャカルタで胡錦涛国家主席と会った時に「今年は主席との友情を重んじて遠慮する」と、友情を押し売りしていたら、中国は常任理事国入り妨害工作を少しは遠慮したかもしれない。来年の8月15日にまとめて参拝しても遅くない。

中国も政治で遠慮という言葉はありません。すべてを押しつけてきます。
来年の8月15日にまとめて参拝したら、結局またどんどんクレームつけてきます。

この記事を書いた金子なる人物は国際政治の何を勉強してこんな記事を書いてるんでしょうか?
いままでの外交でただ単に譲歩してばかりではいけないということを日本国民の大多数は理解しているはずです。
言うべき時には言って、握手するときはする。外交とは片手で殴り合いながらも片手で握手すると誰かが言ってましたが、サヨクの主張は相手の片手と両手で握手しているようなもんです。相手は空いてる片手でさんざんに殴りつけてくるんですが、それには全く言及しません。

こんどまた嫌韓流本がでますので、是非読んでみて下さい。

この記事が気に入ったら→人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。