まさの中道右派blog-MITTOMONAIを世界に
日本がこれから世界各国と対等に渡り歩くためにはどうすればよいかを日々愚考しながら実践・・できればいいなぁと考えてつくってみました。とりあえず、みんなの考えるきっかけになればと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
伝統という概念が理解出来ない朝日新聞
寛仁さま 発言はもう控えては

 皇位継承のあり方をめぐり、天皇陛下のいとこにあたる寛仁(ともひと)さまの発言が相次いでいる。

 昨年、会長を務める福祉団体の機関誌に随筆を寄稿したのに続き、月刊誌「文芸春秋」などでインタビューに応じた。さらに産経新聞と、同社が発行する雑誌「正論」にインタビューが載った。

 初代の神武天皇から連綿と男系が続いているからこそ皇統は貴重なのだ。戦後に皇籍を離れた元皇族を復帰させるなどして男系維持を図るべきだ。いずれもそうした趣旨の発言である。

 小泉首相から皇位継承のあり方を諮問された有識者会議は、女性天皇やその子の女系天皇を認める報告書をまとめた。政府はこの報告書に沿って皇室典範の改正案を準備中だ。

 寛仁さまの発言は、この報告書や首相の方針に異を唱えるものである。

 だれを天皇とすべきか。皇位継承は天皇制の根幹にかかわる問題だ。国民の間で大いに論議しなければならない。

 皇族にも様々な思いはあるだろう。自らにかかわることだけに当然だ。だが、それを外に向かって発言するとなると、どうか。改めて考える必要がある。

 当事者である天皇や皇族がどう考えているのかを知りたいと思う人もいるだろう。自由に話をさせてあげたらいい、という人もいるにちがいない。

 皇太子妃の雅子さまが体調を崩したときに、私たちは社説で、心のうちを率直に語ったらどうかと主張した。

 しかし、今回の一連の寛仁さまの発言は、皇族として守るべき一線を超えているように思う。

 寛仁さまはインタビューで「皇族は政治にタッチしないという大原則があります」と述べている。その大原則に反するのではないかと考えるからだ。

 憲法上、天皇は国政にかかわれない。皇位継承資格を持つ皇族も同じだ。

 寛仁さまは皇位継承については「政治を超えた問題だ」と述べている。歴史や伝統の問題ということだろう。

 しかし、天皇制をどのようなかたちで続けるかは国の基本にかかわることで、政治とは切り離せない。まして、いまは政府が皇室典範の改正案を出そうとしている時期である。

 たとえ寛仁さまにその意図がなくても発言が政治的に利用される恐れがある。それだけ皇族の影響力は大きいのだ。

 天皇は日本国民統合の象徴だ。国民の意見が分かれている問題では、一方にくみする発言は控えた方がいい。これは皇族も同じである。

 天皇陛下は記者会見でたびたび女性天皇や皇位継承について質問されたが、回答を控えてきた。皇太子さまも会見で質問されたが、やはり答えなかった。

 おふたりとも、憲法上の立場を考えてのことにちがいない。

 寛仁さまひとりが発言を続ければ、それが皇室の総意と誤解されかねない。そろそろ発言を控えてはいかがだろうか。



>皇太子妃の雅子さまが体調を崩したときに、私たちは社説で、心のうちを率直に語ったらどうかと主張した。
>寛仁さまひとりが発言を続ければ、それが皇室の総意と誤解されかねない。そろそろ発言を控えてはいかがだろうか。

 え~っと、ゴシップは面白いからどんどん話せ。ただし俺様と違う意見は一切だまっとれ。ということがいいたいのかな?

 ここ最近の報道をみてても、相変わらず女性・女系をわざと混同させてたり、男女平等とかまったくレベルの違う視点から男系の否定をする人が多いよね。

 結局は日本の総本家として遙か昔から血脈を保ってきたという伝統と格式が天皇陛下の天皇陛下たる由縁であり、それは時代にそぐわないからとかという5年10年の視点で見るべきものじゃないんだってば。

 そして、天皇陛下がこの問題に限らず政治的な発言をしてこられなかったのは、憲法がどうこうよりも、「綸言汗のごとし」という昔からの鉄則があるからうかつなことを話さぬよう気を付けてるだけだし、それを天皇陛下の藩塀たる各宮家が慮って代わりに実行してきたという伝統があるからだと思う。

 極論すれば天皇陛下ただお一人を護るためだけに他の皇族は存在しているのであり、いま、連綿と続いてきたいわゆる「天皇制」が破られようとしているのであれば、それを守るためならどんなことだってするのが皇族の努めだということです。

 臣籍に下った旧皇族も思いは同じだと思います。一般人から皇族に戻る人なんていないなどと言われていますが、竹田氏の著書を読めば、彼らがどのような思いでいるかのいったんがわかると思います。

 朝日新聞や他のマスコミももう少しきちんと日本という国のことを勉強しなおして記事を書いて欲しいものです。

スポンサーサイト
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
憲法9条に関するアンケート
mumurさんのブログでみかけましたが、マガジン9条なる香ばしそうな団体が9条についてのアンケートを実施しています。

http://www.magazine9.jp/index0.php

おいらはもちろん投票してきましたが、このブログをご覧の方も是非1票入れてきてください。
そして、できればその時の画像を取っておいてくれれば、後日操作されたときに祭りを開くことが出来ますよw

この記事は締め切りの2月1日までTOPにくるようにします。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
若宮啓文の駄文を嗤う
朝日新聞-若宮啓文「風考計」

渡辺恒雄氏 ブレーキ踏んだ保守のドン

 いささか手前みそで恐縮だが、正月に発売された月刊『論座』2月号は、飛ぶように売れた。読売新聞主筆の渡辺恒雄氏が私との対談で痛烈な「靖国批判」を展開。「朝日との共闘」として大いに話題になったからだ。

 渡辺氏の弁は例えばこんな風だ。

 「靖国神社の本殿の脇にある、あの遊就館がおかしい。(略)軍国主義をあおり、礼賛する展示品を並べた博物館を、靖国神社が経営しているわけだ。そんなところに首相が参拝するのはおかしい」

 「小泉さんは政治をやっているんであって、イデオロギーで商売をしているんじゃあない。国際関係を取り仕切っているのだから、靖国問題で中国や韓国を敵にするのは、もういい加減にしてくれと言いたい」

 読売新聞は昨年6月の社説で、首相の靖国参拝に反対の姿勢を打ち出していたが、それとは比べものにならない歯切れのよさだ。対談は「どっちが朝日新聞かわかりません」と私が冗談を言うほどの展開で盛り上がった。

 憲法改正の旗を振り、イラク戦争を支持するなど、読売新聞が朝日新聞と対極的な路線をとってきたことは言うまでもない。今年80歳を迎えようという渡辺氏は、いまも読売グループの会長であり、保守政界にも大きな影響力をもっている。それが靖国問題で朝日新聞と手を握るとは……。

 だからこそ、反響が大きかったのだろう。対談は様々な国内メディアに取り上げられたほか、中国や韓国でも「日本の二大新聞が……」「保守新聞・読売の渡辺会長も……」などと大きく報じられた。

 コロンビア大のジェラルド・カーチス教授や、MITのリチャード・サミュエルズ教授といった米国有数の知日派が驚いてメールをくれた。

 「渡辺氏は保守でも過去の軍国主義に強い反感をもつ世代の典型ですね。心配なのは、保守的な若い世代にそんな生理的反発がないことでは」

 「戦争責任の検証に朝日と読売が協力することで、アジアとの深い和解が可能になりますように」

 といったコメントつきである。日本の歴史認識を疑わせてしまい、アジア外交を行き詰まらせてしまった首相の参拝を、日本のために心配する欧米人は少なくないのだ。

 実は、読売新聞の社説もかつてA級戦犯の合祀(ごうし)を「まったく残念な出来事」(79年4月)と強く批判。86年8月には「傷跡をうずかせる『戦犯』合祀」という社説で「わが国のため、甚大な被害をこうむった中国などの心情も考える必要がある」「いまわしい戦争のことを、忘れようとしても、忘れられない人たちの感情に配慮するのは当然である」と書いていた。

 ところが、その後の読売の保守化の中で、最近は「首相はもう参拝を中止できない」(01年8月)「他国からとやかく言われる筋合いはない」(04年1月)などと、中韓両国からの圧力批判にすっかり重点を移していた。それが今回、あくまで日本自身の問題だとしながらも「靖国問題で中国や韓国を敵に回すのは、いい加減にしてくれ」と渡辺氏が言い放ったのだ。

 もちろん、この間の読売の保守化路線そのものが、全体として渡辺氏の主導だったことは疑いない。自ら語るように、自民党政権への与党的意識もあってのことだろう。最近では小泉政権と呼吸を合わせるように、イラク戦争も強く支持してきた。

 だとすれば、渡辺氏が踏んだ今度のブレーキは、自らも関与した言論状況の右傾化が行き過ぎて、危険水域に入ったと見てのことではないか。

 東大総長だった故・林健太郎氏がよい例だが、かつては「反共」のタカ派でも、満州事変以後の日本の行為を不当な「侵略」だったと認めるのが知識人の常識であり、節度であった。産経新聞にせよ月刊『正論』や『諸君!』にせよ、そうした点は踏まえていたはずなのに、いまは「侵略」だったとすら認めぬ言説で覆われがちである。

 朝日の読者はよく知るまいが、読売新聞はいま日本の戦争責任者を自ら洗い出す検証シリーズを紙面展開している。さて、どういう結論を出すのかこちらも注目しているところだが、いずれにせよ「保守」を自認する読売が極端な右派と一線を画そうというのだから、これは大きな意味がある。

 さて、首相の靖国参拝をめぐる世論が割れる中、少なくとも新聞は、いまやほとんどがこれに反対している

 もとより世論も言論も多数派が正しいとは限らず、少数意見も大事なことは言うまでもない。かつて日露戦争に幕を引くポーツマス条約が結ばれたとき、その内容が屈辱的だと怒る世論が沸騰し、民衆が暴徒と化して首都に戒厳令が敷かれた。新聞が世論をあおった100年ほど前の罪深い経験だ。外交で譲歩を迫られた時、熱い世論は得てして政府の足を引っ張る。

 しかし今度の場合、多くの言論が首相の頑固な対外姿勢をいさめているのだ。中韓とにらみ合ったまま持久戦を続けたところで、それで勝つには国内世論も国際世論も支持が弱すぎる。戦争も外交も引き際が難しくて、しかも最も肝心なことなのだが。



 駄文を書いて高給をもらってることで有名な若宮啓文とかいう人のコラムです。
 「風考計」なんて名前をつけてるけど空気が読めない人が風を読めるもんかねぇ?
 大体、この文の中にもエリート意識と特定アジア礼賛意識がばっちり出ちゃってるような人がなにをかいわんやってかんじなんですけどね。

・「靖国神社の本殿の脇にある、・・・・・はおかしい」
 戦時中に使われていたものを展示することが軍国主義をあおり、礼賛することにならないでしょ。根本的に軍事に関係するもの=悪っていう単純思考なんだよね、こういう人たちって。

・中国や韓国でも「日本の二大新聞が……」「保守新聞・読売の渡辺会長も……」などと大きく報じられた。
 そりゃあ特定アジアは反日国家なんだから新しい手品のタネがでてきたら大きく報道するのは当たり前でしょ、っていうか、煽ってるでしょ?おまいら?

・コロンビア大のジェラルド・カーチス教授や、MITのリチャード・サミュエルズ教授といった米国有数の知日派
・「戦争責任の検証に朝日と読売が協力することで、アジアとの深い和解が可能になりますように」
 とりあえず、どっかの大学の教授だからってありがたがる感性は朝日と違っておいらにはない。教授だから偉いんじゃない。何かを成し遂げた人が偉いんだ。
 んで、こいつらのメールの内容見たら全然日本のことを知らないんじゃん。知ってたらアジアとの深い和解とかってこといわないよ。
 で、こいつらの専門はなんなの?政治学とか軍事学でアジアを研究対象にしている人じゃなかったら発言になんの重みもない。
 こんなんじゃ、田島がタックルで政治が悪いのは男のせいっていってるのとなんも変わりませんw

・少なくとも新聞は、いまやほとんどがこれに反対している。
 と書いた直後に
・新聞が世論をあおった100年ほど前の罪深い経験だ。
 とのたまえる感性には脱帽するね(爆
 100年前にやったことをいまやってないと言えるのか?以前は新聞が煽り国民が戦争への道を突き進んだが、現在は新聞が煽れば煽るほど国民は疑問を抱いている。これは国民の知的レベルの向上ではないのか?
 引き際を考えなくてはならないのはあなたと朝日なのではないのか?

 新聞上で駄文を書いている暇があったら、もう一度自分のことを深く見つめた方がいいのではないのか?
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
簡単に丸投げとはわらかしてくれる



朝日新聞 声欄
1月25日付朝刊 名古屋版

戦慄を覚えた自衛隊の美化 (岐阜県各務原市 寺田誠知 高校教員 57歳)

 18日の本欄「お世話になる頼れる自衛隊」を読んで戦慄を覚えました。
一部の地域の「除雪」によって、恐ろしい戦争の道具である自衛隊がかくも簡単に美化されてよいものでしょうか。
 またアメリカの侵略に加担した自衛隊のイラク派遣も、かくに簡単に肯定されていいものでしょうか。軍隊を美化し、軍隊に頼った国民がどんなに悲惨な運命をたどらなければならないか、私たちは先の戦争で思い知ったはずです。
 私たち主権者である国民には永久不可侵の権利として自衛権があります。また外国からの侵略だろうと自然の災害だろうと、不断の努力で自らを守る責任があります。そうした権利や責任を安易に軍隊や政府に丸投げしていいものでしょうか。自らの安全は、最終的には自らの血と涙と汗を流して守るしかないのです。
 暴力団にミカジメ料を払って守ってもらおうと思う者はやがてその餌食にされます。同様に、軍隊に頼った国民は軍国主義の餌食にされます。憲法の精神に立ち返り考えてみましょう。



 とまぁ、電波度満載な声欄でも、ひさしぶりに頭に来ました投稿がありました。
 なにがなんでも戦争反対だって主張はさておき、雪国のおいらとしては許せない投稿です。
 この投稿者は今年の豪雪で難儀している人々を「安易に軍隊や政府に丸投げ」し、まるで「暴力団にミカジメ料を払って」るような人たちで、「自らの血と汗を流」して責任を果たす気がない人だと中傷・罵倒しています。

 おいら達が苦労してないと?毎日職場に行くために1時間以上早起きして庭の除雪をし、職場で駐車場の除雪をし、施設の除雪をし、一人暮らしの老人宅に無料奉仕で除雪しに行き、疲れて帰ってきて深夜まで自宅を除雪。
 行政による排雪がある時期には深夜2時頃に自宅の雪を排雪してもらうために起き出して作業しているんです。
 雪国に暮らしているコストだと思って黙々と毎年やってるんです。春になれば溶けて無くなるものに、うちの町の行政だけで年間1億以上の予算を使い、われわれも除雪道具を買ったり、運用したりでかなりのコストがかかってるんです。

 屋根の雪は素人が簡単に除雪出来るものではありませんし、ちょっとした油断で転落・死傷するんです。
 今年もすでに100人以上の方がなくなってるはずです。怪我で済んだ人はその何倍もいます。

 そこまでやっててもそれ以上に雪が降ったら個人の力では対処出来ません。 行政が豪雪対策本部を設置してくれてようやく自衛隊がきてくれるんです。そりゃぁ自衛隊に対して感謝の気持ちがおきますよ。重機と大量の人員であっという間に処理してくれるんですからね。

 自衛隊、いや国が憎くて反日運動するのは勝手ですが、老人の一人暮らしでは自衛隊がこなければ住居が押しつぶされて死ぬんですが、それを受け入れろというんですか?

 人の痛みを想像することもできないような人が教師だってことにこの国の未来を憂います。
 人の痛みを想像することもできないような人が反戦論者だってことに彼らの独善主義がみてとれます。
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
天声人語で朝日のジャイアニズム炸裂!
天声珍語と言われて久しい朝日の天声人語ですが、HPからだとすなおにみにいけず、割と見逃してます。
mumurさんのとこで本日の天声人語がとても面白いときいたので、さっそく読んでみることにしました。

天声人語

 前原民主党代表が23日の国会で、自民党は堀江貴文ライブドア前社長を「衆院選の票寄せパンダ」に使ったとただした。小泉首相は、捜査と選挙の応援とは別の問題だと答えた。その夜、堀江前社長が逮捕された。翌日になると、首相は「不明だと言われれば、それまでですけどね」と述べた。

 ところが、この一言ではとどまらなかった。「あのメディアの持ち上げ方、何ですか。自分の持ち上げ方を棚にあげて、改革まで私の責任と批判している」



 最初にホリエモンを大きく取り上げて、年末年始の番組にも懸命に出演させてたのは朝日をはじめとするマスコミですよね。
 それを知らん顔してるかぎりは首相に言われてもしかたないんじゃない?


 昨日のこの欄では、「マスコミはどうですか。すごく持ち上げたじゃないですか」という公明党の幹部の発言について、こう書いた。「すんなりうなずくつもりはないが、取材相手との距離をどう取るか、メディアは常に問われている」



 常に問われているからどうするのかっていう回答は絶対に出さないくせにこういう事を書いたって事で自己満足に陥ってる。
 マスコミは条件反射にすぐれてて、知力のないものの集まりだってのがよくわかるコメントです。
 まるで親が子供に「勉強しなさい」っていった「今やろうと思ってたのに、言われたからやる気無くした」っていってるようなもんですね。
 


 目に余るような持ち上げ方をしたかどうかは、それぞれのメディアが自らの責任で省みることだ。教訓とすべきものもあるだろう。しかし「ホリエモン人気」を票集めの広告塔や「刺客」として利用したその党の総裁が、メディアの方に矛先を向けたのには少々驚いた。それこそが「棚にあげて」ではないだろうか。



 この駄文の白眉です。「目に余るような持ち上げ方をしたかどうかは、それぞれのメディアが自らの責任で省みることだ。」
 バカか?
 だったら聞くが、省みたか?
 視聴率取れるから昔の映像も全部ひっぱりだしてある意味まだ持ち上げてるじゃないか。
 おいら達から言わせればどっちもどっち。棚に上げてしらん振りしてるだけでしょ。
 犯罪者の名前を公表するもしないもメディアの責任、在日を通名で報道するのもメディアの責任ってか?
 おまえら完全に逃げ道無くなったときしか責任とってないじゃん。伊藤律と珊瑚と長野の事件くらいだろ?謝罪したの。あ、伊藤律の時は無かったことにしてしまったからちがうかw
 それにしても、おまえの責任は俺が徹底的に追及するが、俺の責任の取り方は俺が決めるってか・・・ジャイアンかよ、朝日は! 


 見過ごせないのは、自民党が一方的に「ホリエモン」を利用したのではないことだ。ライブドアの側も、自民党という巨大な後ろ盾を、「世界一」の会社に膨らませるために利用しようとしたはずだ。それはまるで、票と金を狙う共演に見えた。



 見過ごすも何もあたりまえのことでしょ。お互いがなんらかの利益を見いだせるから協力し合うんじゃないか。
 TVだってホリエモンとか乙部さんに出演依頼してるのは視聴率のためであって、ホリエモンは自社の宣伝になるから出演してるし。
 それはまるで視聴率と金を狙う共演にみえますよw
 あぁ、特定アジアと日本は違うね。特定アジアが一方的に日本を利用してるからね。


 首相には、問題を追及された時に、ちゃんと説明せず口をつぐんでしまう傾向があるようだ。今回も責任の転嫁で終わってしまうのだろうか。



 朝日は問題を追求された時に、ちゃんと説明せず口をつぐんでしまう傾向があるようだ。今回も責任の転嫁で終わってしまうのだろうか。
つNHK捏造報道
つ記者の乱闘事件
この記事が気に入ったら→人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。